【こち亀】の両さん | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【こち亀】の両さん

【こち亀】の魅力の一つは、下町情緒とオタク文化の融合なのかも知れない。
下町情緒の描写にかけては、緻密であり、繊細な【こち亀】は、東京都の葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台である。
【こち亀】では、両さんがオタク文化にも造詣が深く、ストーリーの中でも、たびたび描かれている。
ジャンルは多岐に渡り、おもちゃ、車、ゲーム、などのオタク文化を盛り込んでいるので、【こち亀】は飽きないのかも知れない。
主人公の両さんが、いとも簡単に、ゲーム、車、おもちゃなどのオタク文化を使いこなしているのが、【こち亀】の魅力の一つとなっている。
今回始まる、実写の連続ドラマ【こち亀】でも、両さんの「オタク」振りは再現して欲しいし、楽しみにしている。
一見、下町情緒とオタク文化は、相容れないように見えるが、【こち亀】では見事に融合している。

【こち亀】のモデルの地である葛飾区は、ご存じのように東京の下町であるが、現在も情緒に溢れた素敵な町である。
秋本治氏が描く川に架かる橋、お祭りの露天商、神社の境内、昔からの商店街などは、【こち亀】の特徴とも言うべき絵だ。
そんな下町で、主人公の両さんが子供達のラジコンの修理や、最新ゲームを攻略して人気者だ。
両さんのオタクぶりは、【こち亀】の売り物で、たびたび読者を楽しませてくれている。
【こち亀】においては、お決まりのパターンだが、一攫千金を狙ってハイテクビジネスを始め、始めは大儲けするのだが、最後はスッカラカンになるというストーリーは良くあった。                 
お決まりのパターンなのだが、水戸黄門の印籠と同じで、【こち亀】の定番となっている。
【こち亀】は、下町の江戸っ子である両さんの、手を替え品を替えの悪戦苦闘が面白い。

【こち亀】の連続ドラマでも、ガキ大将時代の昔話や、名所旧跡の話も入れて欲しいが、両さんのドタバタ悪戦苦闘がメインになるだろう。
下町情緒とオタク文化は、両さんによって苦もなく融合されて、【こち亀】ワールドを形成しているのだ。
ある意味、両さんの生き方は、真似できない憧れの的であり、また【こち亀】の強烈なキャラクター同士のやりとりは、普遍的な面白さがある。
【こち亀】の連続ドラマでも、香取慎吾には、ガキ大将とオタク文化を網羅した【こち亀】ワールドを、演じ分けて欲しいものだ。
実写ドラマで、【こち亀】をどう表現するのかが問題で、ドタバタと言っても、CG(コンピューター・グラフィック)は多用して欲しくない。
下町情緒とオタク文化を盛り込んでいる【こち亀】は、これからも魅力を増していくであろう。
【こち亀】の実写ドラマの成功を祈る。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。