【こち亀】の両津勘吉の正体 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【こち亀】の両津勘吉の正体

【こち亀】の「両津勘吉」が、実写ドラマでお茶の間に帰ってくるそうだ。
今回の実写ドラマの【こち亀】では、SMAPの香取慎吾が「両津勘吉」を演じるのだが、 両津勘吉という人物像に、香取慎吾が如何に迫れるかが焦点となろう。
【こち亀】の主人公である「両津勘吉」にしては、若くて足の長い所が気になるのだが、思い切りやっていただきたい。
SMAPの香取慎吾といえば、過去に西遊記の「孫悟空」を演じているが、【こち亀】の「両津勘吉」と、西遊記の「孫悟空」には共通点があるので、参考になるだろう。
【こち亀】の「両津勘吉」と、西遊記の「孫悟空」の共通点は、どちらも自由気ままでガキ大将なのだが、頭が上がらない人がいることだ。
両さんには大原部長、孫悟空には三蔵法師がその人で、【こち亀】でも西遊記でも、大原部長と三蔵法師が、両さんと孫悟空の言わば、「お目付役」なのである。
【こち亀】の両さんは、何か企んでも、最後は大原部長に大目玉を食らうし、孫悟空は悪さをすれば、三蔵法師の念力で頭の輪を締め上げられる。

西遊記の孫悟空も、【こち亀】の両津勘吉も、どうしても敵わない上司がいるのは微笑ましい。
【こち亀】の連続ドラマの詳細は、TBSのホームページをチェックしていただきたい。
TBSのホームページでは、【こち亀】連続ドラマの公式サイトもあるようなので、詳しい情報を知りたいときは、見てみると良いだろう。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が正式名称の【こち亀】だが、ファンは愛着を込めて【こち亀】と呼ぶ。
連載通算1500回を超え、コミックスの売り上げ、累計1億5000万部以上の【こち亀】は、ギネスの少年誌の最長連載記録も更新中だ。
30年以上の連載期間があり、コミックスは160巻を超える【こち亀】の歴史は膨大だ。
これほどの長い歴史のある【こち亀】なので、読者の方も2世代、3世代にわたるだろう。

【こち亀】の連続ドラマは、放送開始前から話題が豊富だ。
両津勘吉を中心に、【こち亀】ファミリーの、大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子が活躍する。
【こち亀】の愛称は誰言うともなく、ファンの間で浸透していったようで、自然に広まっていった。
ある時点で、原作者の秋本治も、【こち亀】という呼称を、公認するという形になったようだ。
両津勘吉の正体とは、【こち亀】ファンの心の中にある「願望」なのであろう。
ファンにとっては、【こち亀】の両津勘吉がハチャメチャやってくれることで、カタルシスを得られるのである。
【こち亀】の両津勘吉は、決して正義漢ではないが、既成概念を突破してくれる存在であり、それ故に人気者であり続けるのだ。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。