【ATOM】 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【ATOM】

【ATOM】は、連載開始からずっと日本の子供に愛され、アメリカの子供たちをも夢中にさせた「鉄腕アトム(アメリカでは「アストロボーイ」)の映画版です。
漫画の神様である手塚治虫先生が生み出した少年の姿をしたヒーローは生まれて初めて【ATOM】として映画化されたわけなのです。
最近では浦沢直樹氏が「プルートゥ」として、「鉄腕アトム」をリメイクしましたが、【ATOM】では本当の主人公の「アトム」の誕生が描かれています。
「鉄腕アトム」といえば、主人公であるアトムの活躍が印象的ですが、映画【ATOM】では彼の誕生や悲哀について描かれているようです。
【ATOM】では非常な運命に陥りながらも、明るさを失わずに生きていく主人公の姿に「本当のアトムの物語」を感じさせてくれるそうです。
本当に原作の「鉄腕アトム」をご存知の方であれば【ATOM】が背負う悲劇をもおわかりいただけるのではないでしょうか。
しかしながら人間の命とはなにかが問われている時代の中で、原作をご存知ではなくても考えさせられる部分があるのが映画【ATOM】です。

【ATOM】が映画としてまた生まれ変わってきた理由は、アメリカにおいても人間の命の限界というものを問題にされているからかもしれません。
主人公である【ATOM】は、いうなれば人間のエゴによって生み出されてきた人口生命体であるからこそ悲哀を持っているのです。
ですから映画【ATOM】は原作の明るさではなく、むしろ人間にフォーカスし、その意思にほんろうされる主人公が描かれているそうなのです。
一般的に知られている「鉄腕アトム」ではなく、映画【ATOM】はもしかすると手塚治虫氏が本当に伝えたかったことを凝縮しているのかもしれません。
アメリカのハリウッドで生み出された【ATOM】は「明るく元気な正義のヒーロー」というよりも、悲しき宿命を持つことを暗示されています。
そこが映画【ATOM】の見どころであり、また原作の中に隠されているメッセージが込められているわけのようです。
【ATOM】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【ATOM】について詳しく調べてみましょう。
なかなか光を当てることがなく、むしろ忘れられていた何かを、思い出させて、命とは何かを考えさせる映画が【ATOM】です。

【ATOM】に課せられている運命は過酷ですらあるのですが、そこを単に苦しい物語にしなかったのは主人公の明るさになっていくかもしれません。
ただの「正義のヒーロー」ではなく、ロボットでありながら血の通っている主人公が成長していく物語でもあるのが【ATOM】なのです。
そのために【ATOM】は現在、多くの部分が謎にされているのですが、家族の問題などを抱えているアメリカで作られたわけですから、もっとメッセージがあるようです。
人間のエゴによって作られたロボットである【ATOM】は「家族の再生」を求めている一つの命なのかもしれません。
映画の中で語られていくメッセージこそがアメリカのみならず、日本も抱えている深い闇を照らすかもしれないのが【ATOM】なのです。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。