【ATOM】のストーリー | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【ATOM】のストーリー

【ATOM】は原作にかなり沿ってストーリーが作られていて、主人公の少年の名前が「鉄腕アトム」ではトビオだったのに対し、トビーとなっています。
原作でもそうなのですが、【ATOM】は事故死してしまった息子をロボットとして生み出してしまう、父親のエゴからストーリーは始まります。
もともと【ATOM】という名前で、主人公の少年は生まれてきたわけではなく、死んだ少年「トビー」の身代わりとして生まれてきているのです。
しかし【ATOM】になっていく主人公「トビー」はロボットですから、成長をすることが出来ないわけですから、だんだん作りだした父親に疎まれるようになります。
いうなれば父親の自分勝手で狂った愛から生まれてきたロボットである【ATOM】の悲しみがストーリー全体を覆っているのです。
この「トビー」は結果的には父親に捨てられ、そこから本当の【ATOM】としてのストーリーが展開されてくるのです。
この映画のストーリーのなかで、原作では克明に描かれなかった、というよりも、描くことが出来なかった父と子の関係を描いているらしいのが【ATOM】です。

【ATOM】のストーリーを追っていったのであるならば、現在、問題にされている無理な延命治療や臓器移植なども連想できるかもしれません。
不死であり、永遠に少年のままの姿である【ATOM】がストーリーのなかで背負わされている運命は非常に過酷です。
それでもなお父親のエゴで作られた「息子」という役割から、意思を持つロボット「【ATOM】」として生きていこうとする姿は感動的ですらあるのです。
【ATOM】のストーリーは、父と息子の関係の修復の物語であり、少年の自立の物語でもあり、生命の限界の物語でもあります。
すべて【ATOM】のストーリーは現代に生きる人間が抱えている深い問題を提示しているかののようではありませんか。
単なるロボットアクションストーリーではなく、【ATOM】は生々しさをも内包している映画に仕上がっているとも言われています。
【ATOM】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【ATOM】のストーリーについても調べてみましょう。
主人公は確かに父親の狂った愛とエゴから作られたロボットではあるのですが、それ以上に血の通った何かを感じさせるストーリーがある映画が【ATOM】です。

【ATOM】のストーリーを考えていけば、名作「フランケンシュタイン」で描かれている生み出されたものの不幸を重ねることが出来ます。
フランケンシュタインも【ATOM】も同じように人間のエゴによって生み出された、いわば言葉は悪いのですが「怪物」なのです。
しかし【ATOM】は人間と同じ心を持ち、悲しみに暮れることもあれば、喜びに満ちることもあることで、いっそうストーリーが心にしみるのです。
また少しひねたストーリーの見方をするのであれば、【ATOM】を作り出してしまった父親の視点から追ってみてもいいでしょう。
そこでハリウッド映画として生まれ変わってきた「鉄腕アトム」の本当の姿を、ようやく見ることが出来るかもしれないのが映画【ATOM】なのです。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。