【ATOM】というロボット | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【ATOM】というロボット

【ATOM】はテンマ博士の事故で死んでしまった息子として生み出されたロボットであるわけなのですが、ただのロボットというわけではありません。
人口の生命体であるロボットとして生命を受けながらも、【ATOM】は人間と同じ心を持っている存在として描かれています。
ですから生まれてきたときはテンマ博士の愛情を受けるわけですが、所詮、悲しいことに成長することのない体を持っている【ATOM】はロボットでしかないのです。
そのために「現実の息子を生き返らせたわけではない」とテンマ博士は自分の作り出した【ATOM】というロボットを捨て去るということに至るのです。
それが人間の作りだした人口生命体でしかないロボットである【ATOM】の悲劇につながっていくことになるわけなのです。
そのために【ATOM】は人間社会からはじき出され、同じように廃棄された旧式ロボットや貧しさの中でたくましく生きる人間の中で暮らすようになっていくのです。
いわば人間のエゴによって生み出されたロボットの宿命を背負いながらも、それでもなお人間の心を持つ悲しさを持っているのが【ATOM】なのです。

【ATOM】はいわば人間の心を持っているロボットとして位置付けられていて、その存在は非常にあやふやなものになっています。
同じハリウッドの生み出しているロボットよりも【ATOM】は人間の心を強くプログラミングされた完璧さゆえに苦悩していくわけなのです。
また【ATOM】はそのロボットとしての性能が優れているがゆえに、また人間たちの思惑に翻弄されていくことになっていくのです。
いうなれば【ATOM】というロボットは最初から人間に運命をもてあそばれていくことを義務付けられている哀れな存在でもあるわけです。
しかしながらその悲劇性に【ATOM】は非常に無自覚で、ひたすら自分を作りだしたテンマ博士を「父親」として慕うのです。
人口生命体であるロボットでありながら、【ATOM】は「自分はテンマ博士の息子である」という意識から逃れることが出来ないわけです。
【ATOM】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【ATOM】というロボットの悲しみについて詳しく調べてみましょう。
ロボットには人間に対しての三原則がある、とSFの世界では定められているのですが、それを剃って作られているからこそ悲劇性を帯びているのが【ATOM】なのです。

【ATOM】はロボットであり、永遠の少年として生きる定めにあり、成長していくことが出来ないがゆえに異形のものになっていきます。
それがゆえに【ATOM】は「子捨て」という悲劇を受け入れることとなり、また捨てたテンマ博士も苦しむことになっていきます。
いうなればこの「【ATOM】」という映画は、現代が秘めている歪んだ親子関係を浮き彫りにしている面もあるのです。
異形の息子であり、自分の作りだした作品であるロボットでもあるのが【ATOM】であり、テンマ博士は父でありながら、科学者でしかないのです。
いわば「未来のフランケンシュタイン」であり、「未来のエデンの東」ともなりうるCGアニメーション映画が【ATOM】なのです。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。