【ATOM】の知能 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

【ATOM】の知能

【ATOM】はそのボディが破壊されない限りは永遠に成長することのないロボットですが、知能はかなり高度になっているようです。
これはパソコンなどと同じようで、ロボットであり、人工知能を持っている【ATOM】はいわば学習能力が極めて高いようなのです。
そのために肉体は永久に少年のままでありながら、【ATOM】の知能は人間を圧倒するようにどんどん発達していくというわけです。
手塚治虫氏の作品「ブラックジャック】にも知能は発達していくのに、肉体は成長しない少女ピノコが登場しますが、これはまさしく【ATOM】と重なっていきます。
この肉体の成長がなく知能が発達していく【ATOM】はますます作ったテンマ博士にとっては異形の者になってしまうわけです。
そこにも【ATOM】が作った人間であり、愛する父親に応えようとするにもかかわらず、受け入れられない悲しみがあるのです。
まさしく名作「フランケンシュタイン」と同じ悲劇、いやそれ以上の悲劇が、高い知能を持つがゆえに浮き上がってくるのが【ATOM】なのです。



【ATOM】はいわば未来社会の技術の粋を集めた最新型のロボットであり、だからこそ人間の心と成長する知能を持っているわけです。
しかしこのアンバランスな異形の息子をテンマ博士が拒んだことにより、【ATOM】は単なるロボットになり下がるわけです。
いうなれば【ATOM】は現代社会における親と子のコミュニケーション不全、あるいはコミュニケーション拒否を浮き彫りにしているのです。
しかし優秀な知能を持つがゆえに苦悩するのは【ATOM】だけではなく、【ATOM】を捨て去ったテンマ博士にも襲いかかっていきます。
テンマ博士が望んだのは「失われた息子」であって、【ATOM】のような優秀なロボットではなかったことがいっそうの悲しみを誘います。
また【ATOM】はフランケンシュタインのように復讐を企てたりはせず、淡々と自分の宿命を受け入れていってしまうわけなのです。
【ATOM】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【ATOM】の知能についても詳しく調べてみましょう。
未来社会のオイディプスとまではいきませんが、父に拒まれた息子の物語としても見ることが出来る映画になっているのが「【ATOM】」なのです。

【ATOM】は、求められていない高度な知能を持ち、また人間の心も持っているがゆえに、自分を捨てた父であるテンマ博士を憎むことが出来ないのです。
これは【ATOM】をくるしめていくわけなのですが、その一方で新たな仲間を見つけて、孤独から抜け出すことに成功するのです。
息子を愛することが出来なかった父であるテンマ博士は、高い知能を与えた【ATOM】への罪悪感を拭い去ることが出来ないのです。
原作とは変わってくるということになるのですが、高い知能を持つがゆえに「許す」ことを知っている【ATOM】とテンマ博士の関係も見どころの一つです。
知能というものと人間の心がそれを裏打ちしているがゆえに、深みのあるストーリーになっているのが映画「【ATOM】」なのです。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。