菊池雄星とは | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

菊池雄星とは

ドラフトの結果、西武ライオンズが一番くじを引き当て、菊池雄星との交渉権を獲得、菊池も、すんなり西武ライオンズの入団を決めた。

菊池雄星のピッチングに関して詳しく知りたいときは、ネットの野球サイトや、ブログを参照願いたい。
プロでは、単にストレートが早いと言うだけでは、ピッチャーとして通用しないとは良く言われるが、菊池雄星に関しては、ストレートはもとより、変化球の評価も高い。
これは、菊池雄星の持って生まれた資質ではあるが、それだけでは無く、球種を使い分けるセンスのようなものも要求される。

菊池雄星の名が全国に知れ渡ったのは、言うまでもなく花巻東高のエースとして、甲子園で快刀乱麻の活躍をしてからだろう。
菊池雄星は、 ファーストボール(速球)をより速く正確に、ムービングボール(変化球)をより鋭くと言う、ピッチャーの永遠の命題を、高い次元で両立させられる、希有の逸材と言えるだろう。
菊池雄星のピッチングは、国内外の野球関係者も注目していて、現に、かなりのメジャーリーグのスカウトが、彼を見る為に来日していたという。菊池雄星の入団会見を、テレビで見た方も多いだろう。
3年生の夏の甲子園では、MAX154キロのストレートを出すなど、その堂々としたピッチングは、観衆の度肝を抜いたが、菊池雄星の真骨頂はストレートの早さだけではない。
菊池雄星は、スライダー、フォーク、チェンジアップ、カットボール、ツーシームといった、多彩な変化球を投げ分け、ピッチャーとして理想的なスタイルを確立させつつある。
10代で、ここまで完成されたピッチングの出来るピッチャーは、私の知る限り菊池雄星以外では、あの松坂大輔ぐらいしか思い浮かばない。
技術的、体力的には申し分のない菊池雄星だが、精神面でのタフネスさはどうだろうか。 メジャーの評価も高いようで、菊池雄星は将来的に日本野球界のみならず、世界でも通用する 左腕として、注目されているピッチャーなのだ。
菊池雄星に関しては、ピッチング同様、精神面も心配なさそうである。
菊池雄星のピッチングは、豪快且つ繊細で、秘められたポテンシャルは相当高いようだ。
世間では、よく「スポーツ馬鹿」、「野球馬鹿」という言葉が使われるが、多くのアスリートの書籍や言動を見るに付け、「クレバーだなあ」と感心させられる。
端的に言えば、菊池雄星は頭が良いのである。
彼は、西武の若獅子寮での生活を前に、「トイレ掃除隊長」に立候補したのである。
菊池雄星のトイレ掃除は、花巻東高時から続けてきた日課らしく、「寮に入っても、40歳になっても50歳になっても、現役が終わるまで続けたい」と公言しているそうだ。
単に、「優等生的な発言」といって聞き流せない、菊池雄星の野球に対する信念、姿勢が現れている。
菊池雄星は、心身共に進化し続ける、次世代を担うスタープレイヤーなのである。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。