菊池雄星の西武入団 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

菊池雄星の西武入団

菊池雄星が、ドラフトで西武に入団が決まったが、彼のピッチングは、全身がバネのように弾んで、見ていても小気味よい。
ドラフトに望んで、「どこでも行きます」と公言したが、これは、「どのチームでも活躍してみせる」という菊池雄星の心意気なのだ。
西武のユニフォームを着て、マウンドに立つ菊池雄星を早くみてみたい。
菊池雄星が、プロ野球界を代表する左腕になる事は、疑う余地がない。
近年のプロ野球界における、左腕の本格派速球投手は貴重であり、ドラフトで菊池雄星に人気が集中するのも肯ける。
ストレートはMAX154キロ、変化球も多彩とあって、菊池雄星は一躍、ドラフトの星となった。
「松坂大輔」と同時期の世代を、「松坂世代」と呼んでいるが、菊池雄星の登場で、「菊池世代」という呼ばれ方が出来てくるかも知れない。

菊池雄星は、花巻東高のエースとして、甲子園で活躍し、全国にその名を知られ、ドラフトの超目玉になった。
菊池雄星のフォームを見ていると、さすが、6球団がドラフト一位で競合しただけの素材であると思う。
菊池雄星の スライダーやフォークも、完成度が高く、稀に見るバランスの良いピッチャーだ。
ドラフト一位のピッチャーとしては、「松坂大輔」に匹敵する完成度の菊池雄星といえよう。
菊池雄星の資質は、ドラフト一位の評価に値するだけでなく、即戦力として西武ライオンズのペナントをも左右する。
精神的にも、技術的、体力的にも伸び盛りの菊池雄星は、一年目からローテーションに食い込んでくるかも知れない。

菊池雄星の、野球に対する姿勢も好感が持てる。 菊池雄星の、ひたむきで素直な姿勢は、プロフェッショナルとしての資格十分で、本人の性格もあるだろうが、親御さんの育て方にも共感を覚える。
ドラフト一位のピッチャーとしては、菊池雄星は一級品であるだけでなく、プロでもそのまま通用する予感を抱かせる逸材である。
間違いなく、一年目からローテーション入りを果たし、チームに貢献する活躍をするだろう。
菊池雄星の背番号は、「17」であるが、マウンドの上で躍動する「17番」が目に浮かぶようだ。
ドラフト後の菊池雄星の言動も、野球関係者やマスコミは高く評価しているようで、各報道機関の記事は「ベタ褒め」のオンパレードなのである。
菊池雄星について、更に知りたいときは、関連のサイトや、スポーツブログなどを参考にされたい。
しかも、単にストレートが早いと言うだけでは無く、菊池雄星には、切れのある変化球がある。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。