カン・ドンウォンのドラマ | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

カン・ドンウォンのドラマ

また、2004年のカン・ドンウォンの映画、「オオカミの誘惑」では流行語ができるくらいに、大ヒットしました。

カン・ドンウォンの出演するドラマで一番面白かったというのは、一体何になるのでしょう。カン・ドンウォンは、ドラマ「威風堂々な彼女」で俳優デビューし、多くの人から評価得されることになります。
ドンウォンホリックという言葉が流行り、カン・ドンウォンは、大きなブームを巻き起こすことになります。
カン・ドンウォン主演の韓国ドラマ、「1%の奇跡」は、ストーリーも普通に面白いので、ファンなら間違いなくハマるでしょう。
2004年にはドラマ、映画の演技の面でも評価を受けることになり、カン・ドンウォンは、大韓民国映画大賞、そして新人男優賞受賞を受賞しました。
そして、カン・ドンウォンは、その後、「1%の奇跡」で初主演を果たし、一躍スターダムにのし上がります。
それは、唐辛子美男子選抜大会に出場した場面で、カン・ドンウォンは、唐辛子を口の中に詰め込むシーンが辛かったと語っています。
ドラマはイマイチでも、カン・ドンウォンの映画はやっぱり、オススメできます。
そのことで、日本でのカン・ドンウォンの人気も大きく上昇しました。
では、その次におすすめのカン・ドンウォンのドラマは何になるのでしょう。
ドラマより映画をオススメする人が圧倒的に多いのが、カン・ドンウォンの一般的な評価になります。
中には、映画ばかりでなく、ドラマにも出演して欲しいと願うカン・ドンウォンファンも少なくないようです。
「オオカミの誘惑」「彼女を信じないでください」「デュエリスト」は、カン・ドンウォンの傑作と言えるでしょう。
カン・ドンウォンの魅力を存分に味わえる作品は、やはり映画で、ドラマでおすすめは、「1%の奇跡」がベストです。
実はそれは、カン・ドンウォン自身、とても気に入っているドラマで、それは「1%の奇跡」です。
カン・ドンウォン自身、元々、モデルからドラマ出身になるのですが、「彼女を信じないでください」の作品で殴られるより辛かったシーンがあることを述懐しています。

カン・ドンウォンの映画は、出演時間長いので、「デュエリスト」「オオカミの誘惑」のストーリーは、弱冠、分かりづらい部分もあります。
社会派なら、カン・ドンウォンが死刑囚役の、「わたしたちの幸せな時間」がおすすめです。
中には、「1%の奇跡」のドラマから、すっかりカン・ドンウォンにはまったものの、それ以外のドラマはイマイチだと言う人もいます。
しかしカン・ドンウォンは、「マジック」以来、ドラマ出演がないのは、実に寂しいところです。
中でも、「デュエリスト」は、朝鮮王朝時代のカン・ドンウォンの映画で、この作品の彼の雰囲気は、とてもミステリアスで魅力的です。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。