ミッション・インポッシブルとは | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ミッション・インポッシブルとは

ミッション・インポッシブルというのは、大人気映画で、今やシリーズ化されて話題になっています。
その意味ですが、ミッション・インポッシブルは、訳すると、与えられた使命で、課題や命令などの遂行が実行不可能であることを指します。
映画では、インポッシブルな命令をこなすことに胸が躍るというようになっていて、それがミッション・インポッシブルの魅力なのかもしれませんね。
最初にミッション・インポッシブルが映画として公開されたのは、1996年で、日本でも人気になりました。
アメリカのテレビドラマで人気が高かったスパイ大作戦を映画化したものが、ミッション・インポッシブルになります。
映画の邦題のミッション・インポッシブルが、そのまま原題として使用されています。
そして、ミッション・インポッシブル2では、サングラスがその連絡装置となっていすます。
テレビシリーズでは、ミッション・インポッシブルは、ピーター・グレイブスが演じたジム・フェルプスのキャラクターが、映画ではジョン・ヴォイトが演じています。
また、自ら監督を選んでいたことでも話題になったのが、ミッション・インポッシブルで、これは、クルーズとワグナー・プロダクションの記念すべき第1回作品になります。
ミッション・インポッシブルでは、飛行機の座席のTVモニターと連携しているビデオにテープを挿入して、音声はイヤホンで聞くようになっています。
TVでは、特技を持つそれぞれのメンバーが活躍することで作戦が実行されるチームプレイ重視の内容でしたが、ミッション・インポッシブルでは、トム・クルーズの1人舞台です。

ミッション・インポッシブルは、往年の名作TVシリーズで人気を博したスパイ大作戦の映画化として話題になりました。
ただ、オープニングテーマや映像の演出に関しては、ミッション・インポッシブルは、TVシリーズに準ずる形をとっています。
ほとんど1人の活躍が描かれているのがこの映画のミッション・インポッシブルで、TVシリーズとは内容が大きく違っています。
そして、指令を受ける際の連絡装置は、ミッション・インポッシブルは、TVシリーズの超小型オープンリールテープや、ポータブル・デジタルプレーヤーとは違います。
そして、ミッション・インポッシブルで、主演を果たしたトム・クルーズは、この作品で初の映画プロデューサーに挑戦しています。
ミッション・インポッシブルは、その人気から、2000年には続編が公開され、そして2006年にはパート3が公開されています。
そして、ミッション・インポッシブルと言えば、思いだすのが、ラロ・シフリンによるテーマ曲で、これは色々な番組などでも使用されていて、名曲として評価されています。

ミッション・インポッシブルは、TVシリーズとは異なり、当局から指令を受けた際、当局がメンバーやリーダーを決めています。
とにかく、ミッション・インポッシブルは、TVシリーズとは大きく内容が違い、トム・クルーズの活躍を中心に描かれています。
さらに2011年には、4作目となるミッション・インポッシブルが公開予定となっていて、その人気ぶりが伺えます。
また、ミッション・インポッシブル3では、使い捨てカメラが、指令を受ける装置として使用されています。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。