伊勢谷友介の映画 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

伊勢谷友介の映画

伊勢谷友介が演じた大河ドラマ龍馬伝での高杉晋作もすごく印象に残っています。
この映画で伊勢谷友介はブルーリボン賞助演男優賞、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。
また、異母兄が山本寛斎ということですが、伊勢谷友介が1976年生まれ、山本寛斎が1944年生まれなので、ほとんど親子の年齢差ですね。
伊勢谷友介は大学在学中にモデルとして活動を始め、ファッションショーや雑誌などで活躍し、ファッションデザインの道に進もうと考えていたようです。
伊勢谷友介と山本寛斎の父親は洋服のテーラーだったとのことですので、その影響もあったのかもしれませんね。
また、伊勢谷友介が監督し、脚本を書いた2012年公開の映画、セイジ―陸の魚―は、東京国際映画祭で特別招待作品として上映されました。
俳優としてだけでなく映画監督としても活躍する伊勢谷友介の今後が楽しみですね。

伊勢谷友介のプロフィールを見てみると、本当にたくさんの映画に出演しているなあと思います。
最近の映画では、2011年のあしたのジョーの実写版で伊勢谷友介は力石徹を演じ、過酷な減量を行ったことが話題になりました。
なんとなく伊勢谷友介ってもっと以前から活躍していたような気がしていたのですが、意外と最近なんですね。
伊勢谷友介の映画デビューは1999年のワンダフルライフで本名が役名となっています。
67キロの体重だった伊勢谷友介は10キロ減量して57キロになり、体脂肪率は15パーセントから3パーセントまで落としたそうです。
2002年に公開された映画、カクトでは伊勢谷友介は監督、脚本、主演と3役をこなしていて、多彩な人だなと思いました。
ファッションショーではプラダのミラノコレクションにも伊勢谷友介は抜擢され、出演しています。
ブログやサイトなどで調べてみると、減量を行っていた時の伊勢谷友介1日の摂取カロリーは、たったの250キロカロリーだったとのことで、よく倒れなかったなと思います。
ちなみに伊勢谷友介は、東京藝術大学を現役で合格したというのですから、勉強もすごくできた人だったようです。
伊勢谷友介はモデル出身で、現在は俳優、そして映画監督として活躍しています。
映画出演の多い伊勢谷友介ですが、2009年のドラマスペシャル白洲次郎以来、少しずつテレビドラマの出演も増えています。伊勢谷友介といえば、以前ドラマで演じていた白洲次郎がすごく印象に残っているのですが、調べてみると、白洲次郎が初めてのテレビドラマだったんですね。

伊勢谷友介は映画に出演するだけでなく、映画監督としてこれまで2本の映画を撮っています。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。