ストロベリーナイトとは | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ストロベリーナイトとは

ストロベリーナイトというのは、誉田哲也の作品による警察小説のことで、姫川玲子シリーズ原作の作品タイトルのことでもあり、テレビで放映されて人気を呼びました。
その中で、1人だけ捕らえられて、ストロベリーナイトのショーの生け贄になります。
これまで、抜け殻のようになっていた人間が、ストロベリーナイトを見ることで、どんどん熱くなっていくというわけです。
そして、ストロベリーナイトのストーリーは、全5章から成り、3章までは主として犯人の視点からのモノローグが解説されています。
死を乗り越えてハイになっている状態を見せてくれるストロベリーナイトは、単なる恐怖の殺人ショーではないのです。
そして、2012年、ストロベリーナイトのタイトルで、連続ドラマ化され、一気に人気となって知られることになります。
このストロベリーナイトという作品は、簡単に言うと、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の女性警官、姫川玲子をはじめ、個性的な刑事が凶悪事件に挑む警察小説です。
姫川玲子シリーズの第1作がストロベリーナイトで、第1話は、公園で見つかった他殺体事件から始まります。

ストロベリーナイトというのは、やる気にない人間を奮起させるショーと言っても過言ではありません。
つまり、闇サイトの訪問者が、招待される闇の殺人ショーが、ストロベリーナイトの名称なのです。
主催者グループのリーダー格の男がストロベリーナイトの名づけ親になりますが、男の友人の死から、その名が付けられました。
ストロベリーナイトは、テレビで大人気となりましたが、その本来の意味は、闇サイトの殺人ショーで、観戦する人間は、入場料10万円を支払って客席につきます。
また2013年にはストロベリーナイトは映画化されることになっていて、その内容は、このシリーズ作品が原作となっています。
私生活で抜け殻のようだったストロベリーナイトの参加者は、このショーの後は、狂人的な精力的になって、仕事に立ち向かっていくのです。

ストロベリーナイトはテレビで好評を博したことから、堀口純男が漫画化したことでも話題になりました。
元々、ストロベリーナイトは、最初、2時間枠のテレビで、問題となった闇サイトの名称であることを示しました。
例えば、ストロベリーナイトを見ることで、相手にされない大手企業に特攻したり、実現不可能な企画を提案するようになったり、仕事でのやる気が喚起されるのです。
2010年にフジテレビで単発のスペシャルドラマとしてまず、ストロベリーナイトはテレビドラマ化されます。
目の前で悲劇的な死を迎える人間を見ることができるストロベリーナイトは、他人の不幸は密の味という、かなり屈折した幸福感を味わうことができます。
ただ、ストロベリーナイトというショーに何度も参加していると、自分が当たりを引いて、いつかは殺されるかもしれません。
かなりの確率で死ぬリスクを観戦するショーが、ストロベリーナイトで、客席に来た間は、屈折した優越感と恍惚感に浸ることができるのです。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。