バラク・オバマの経歴 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

バラク・オバマの経歴

バラク・オバマの経歴を見ていくと、複雑な親子関係が見て取れ、幼少時代から苦労しているのがよくわかります。
そして、その後、コロンビア大学に編入したバラク・オバマは、そこで、政治学である国際関係論を専攻します。
離婚をして人類学者となったバラク・オバマの母は、ハワイ大学で知り合ったインドネシア人の留学生と再婚をします。
実際、バラク・オバマの経歴を見ると、彼は、6歳から10歳まで、ジャカルタの公立の小学校に通っています。
バラク・オバマの母はインドネシアに移住して、1994年までその地にずっと滞在しています。
1972年になると、バラク・オバマの父と母は別居状態になり、ハワイのホノルルへ一時帰国します。
青年時代のバラク・オバマの経歴を見ると、苦悩に満ちた日々であったことが容易に想像できます。
ホノルルへ戻ったバラク・オバマは、地元の有名私立小中高であるプレパラトリー・スク-ルに転入することになります。
このことは、バラク・オバマ自身、自伝で告白しているので、彼自身の経歴に入れておくべきでしょう。
そして、バラク・オバマは在学中、バスケットボールに熱中し、高校時代には、飲酒、喫煙、大麻などを経験します。
その後、母はバラク・オバマをハワイの両親に預けて、人類学者としての仕事に打ち込みます。
プナホウ・スクールに転入したバラク・オバマは、卒業するまで、5年生教育を受けることになります。
1971年に、バラク・オバマは、母方の祖父母のスタンリー・ダナムとマデリン・ダナム夫妻に引き取られます。
そして、1970年、母と継父の間に、バラク・オバマの異父妹である、マヤ・ストロが誕生しています。

バラク・オバマの経歴は、まさに波乱万丈で、複雑な親子関係の中で、青春時代を過ごします。
そして、1980年には、ついにバラク・オバマの両親は、離婚が成立してしまうことになります。
離婚が成立してから、バラク・オバマの母はハワイに戻りますが、1995年、卵巣癌で他界します。バラク・オバマの経歴を見ていくと、彼がどんな人生を歩んできたのかが、はっきりと見てとれます。
その後、1979年高校を卒業したバラク・オバマは、オクシデンタル大学へと入学します。
父親の母国であるインドネシアでは、軍事クーデターが起こると全てのインドネシア人が国に呼び戻されるので、バラク・オバマ一家はジャカルタに移住することになります。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。