バラク・オバマの出身 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

バラク・オバマの出身

しかし、バラク・オバマが2歳のとき、両親は離婚することとなり、父はケニアに帰ってしまい、そこで別れることになります。
しかし、バラク・オバマは、アフリカ系黒人と自身を表していて、建国以来初の少数派の大統領として君臨することとなるのです。
黒人奴隷制の歴史のある米国が、人種問題を超越して、黒人出身のバラク・オバマが大統領になったことは、意義あることです。
端的に言えば、バラク・オバマは、実にアメリカ的な存在で、フルネームを見てもそれがよくわかります。
そんなバラク・オバマですが、大恐慌以来という嵐の中で、今、新たな船出を強いられています。
滑り出しの政権運営のエネルギーの多くをバラク・オバマは、経済に費やす結果となり、今、苦戦しています。
政党や主義主張を超えて、バラク・オバマの大統領当選は、多くの米国人が歴史的な意味を見いだしたことになります。バラク・オバマは、ケニア出身の留学生だった父と、カンザス州出身の白人の母の間に生まれた子供です。
それは、バラク・オバマの出身だけでなく、彼のおもしろい経歴をたどることで、真実味を増してきます。
バラク・フセイン・オバマというのがバラク・オバマの本名で、フセインというミドルネームはケニア出身の父からきています。
そうした影響により、バラク・オバマは、数年間の中で、イスラム系とキリスト教系の両方の学校に通うことになります。

バラク・オバマの出身とうのは、1つの興味の範疇にあり、一般の関心を期せずして誘う興味ある背景の1つなのです。
それは、バラク・オバマの祖父がともにイスラム教徒出身であったことに由来していて、その影響を強く受けています。
1961年に生まれたバラク・オバマは、ハワイ出身で、父はケニアの農家出身で、米国留学のための奨学金を得ていました。

バラク・オバマの父は、ハワイ大学出身で、母は米国中部カンザス州出身で、同じくハワイ大学出身でした。
ハワイ大学で民族学を専攻していたバラク・オバマの母は、在学中に父と知り合い、結婚することになります。
バラク・オバマの母は、その後、ハワイで会ったインドネシア出身の実業家と再婚することになります。
バラク・オバマ・シニアという父の名前を、バラク・オバマは、そのまま踏襲しているわけです。
そのため、母はバラク・オバマを連れ、インドネシア出身の父の元へと渡ることになります。
実際、バラク・オバマは、その出身や育ちに関して、人種のルツボとされる米国社会では特に珍しい存在です。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。