バラク・オバマの家族 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

バラク・オバマの家族

バラク・オバマは、アメリカ合衆国で史上初のアフリカ系アメリカ人として選ばれた偉大な人物です。
Yes We Canというスローガンのもと、バラク・オバマは、経済格差と金融危機をもたらしたブッシュ政権からの変革を訴えました。
88年末にバラク・オバマは、ハーバード・ロースクールに入学し、91年、法学博士号を取得します。
獲得選挙人数は、マケインの173人に対して、バラク・オバマは365人と、圧勝となります。
大統領となったバラク・オバマは、規制や金融機関の監視を強化して、低所得者層に目を向けた経済政策を推進しました。
1961年8月生まれのバラク・オバマの当時の家族は、ケニア人留学生の父親と、米カンザス州出身の白人の母親でした。
最終的には、テッド・ケネディ上院議員から、ポヂュギース・ウォーター・ドッグが贈られ、晴れてバラク・オバマの家族の一員となりました。

バラク・オバマの父はケニアに帰国後、自動車事故で死去しており、母も再婚後、インドネシアで人類学者として活躍した後、ハワイで他界しています。
その後、ロサンゼルスの大学で学んだバラク・オバマは、ニューヨークのコロンビア大学で国際関係論を専攻します。
しかし、両親は1964年に離婚することになり、バラク・オバマの家族は、ばらばらになってしまいます。
今現在のバラク・オバマの家族は、1992年に結婚した妻のミシェルと、1998年生まれの長女のマリア、そして次女のナターシャです。
共和党候補のジョン・マケイン上院議員と対決した時は、バラク・オバマは経験不足が指摘されましたが、見事、勝利をもぎ取ります。
その後、バラク・オバマは、シカゴに戻って市民派弁護士として活動しながら、シカゴロースクールで憲法学を教えます。
バラク・オバマの家族で忘れてはならないのが愛犬で、ホワイトハウスで愛犬を飼うことを表明しました。

バラク・オバマの家族には、その後、長女と次女が生まれ、4人家族となり、家族団欒の生活を送ります。
その間、バラク・オバマは、家族と離れ、ジャカルタの小学校に通った後、母方の祖父母の住むホノルルに戻っています。
4人家族のバラク・オバマですが、次女のナターシャは初の21世紀生まれのホワイトハウス住人でもあります。
そして、法律事務所で知り合ったミシェル・ロビンソンとバラク・オバマは結婚し、新しい家族を作ります。
しかし、バラク・オバマの長女のマリアに軽度のアレルギーがあることもあって、愛犬探しはかなり難航しました。
83年に卒業したバラク・オバマは、85年から3年間、カソリック教会系団体の活動に従事します。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。