ゴールデンボンバーのダンス | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ゴールデンボンバーのダンス

ゴールデンボンバーの魅力は色々あり、単なるバンドというのではなく、彼らのダンスはとても痛快です。
自分たちが目指している形を実現しているのがゴールデンボンバーで、音楽に対する姿勢は実に真摯です。
そして、ゴールデンボンバーの代表曲、女々しくては、ヲタ芸みたいな振りのダンスで、難しい振りになっています。
それが成り立つのがゴールデンボンバーの凄いところで、ふざけたようなダンスがまた魅力的なのです。
そうした斬新な姿勢と圧巻のダンスが、ゴールデンボンバーの人気の秘密で、大きな原動力になっています。
ゴールデンボンバーの喜矢武豊は、運動神経が抜群で、彼のダンスは、動画でも人気があります。
特に、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔は、すべての楽曲の作詞、作曲を手がけていて、重要な位置にいます。

ゴールデンボンバーは、エアーバンドというスタイルを貫いていて、独特のダンスとともに見る物を圧倒します。
楽曲の中でゴールデンボンバーのレッツゴーKYのダンスは、腕の曲げ伸ばしとタオルをまわす振りが独特です。
普通に考えると中々理解はできませんが、ゴールデンボンバーは、真面目な音楽と独特のダンスを融合させています。
また、ゴールデンボンバーの毒グモ女は、非常に複雑な動作が多く、ダンスを上手く踊りにくい楽曲です。

ゴールデンボンバーの曲は、やりたい放題のような感じになっていますが、それでも楽しませるパフォーマンスに徹底しています。
君に番号を聞けなかった、というゴールデンボンバーの楽曲は、腕を振る動作が基本のダンスです。
かっこいいビジュアルバンドのゴールデンボンバーのメンバーが全力で笑いをとっている姿は見ていて気持ちの良いものです。
逆に、トラウマキャバ嬢というゴールデンボンバーの曲は、実に単純な振りのダンスになっていて、楽しめます。
完全に開き直って突き抜けているゴールデンボンバーのダンスは、見ていて清々しいものがあります。
まさにゴールデンボンバーのダンスを見ていると、本気度を感じることができ、その軽やかな動きは圧巻です。
バンドというよりはゴールデンボンバーのダンスを見ていると、パフォーマンス集団と言っていいでしょう。
抱きしめてシュヴァルツは、ゴールデンボンバーの中でも人気ですが、窓拭きみたいな振りのダンスになっています。
面白ければ何でもやるというゴールデンボンバーの姿勢は、多くの人の共感を呼んでいます。
そして、ゴールデンボンバーのダンス担当と言えば、樽美酒研二で、メンバーきっての肉体派です。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。