大泉洋のエッセイ | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

大泉洋のエッセイ

そして、エッセイには、大泉洋がTEAM NACSについて、そして家族のことなどをしっかり語っています。
そのエッセイには、大泉洋が綴った16年の歴史があり、彼の素顔の16年間がぎっしりと詰まっています。
2013年書き下ろしのできたてほやほやのエッセイで、大泉洋自身、初めて水曜どうでしょうについて本音を激白しています。
執筆文をまとめて大泉洋が出版するのは初めてであり、このエッセイは彼の集大成と言っても過言ではありません。大泉洋は、タレント、俳優などマルチに活躍していますが、彼は、最近エッセイを出していて、話題になっています。

大泉洋のエッセイは、まさに彼の世界が満開で、全開のエッセイが展開されているといっていいでしょう。
熱い渾身の一作、大泉洋のエッセイは、爆笑必至であるにもかかわらず、胸が熱くなる作品です。

大泉洋のエッセイには、1997年~2005年まで執筆連載していた幻のエッセイ原稿がしっかり収録されています。
あだち充が、1997年当時の若かりし大泉洋を描いていて、表紙も素晴らしエッセイになっています。
大泉洋のエッセイは、彼の大学時のエピソードや、レギュラー放送当時の裏話などが楽しく読めます。
そして、大泉洋のエッセイは、時にノスタルジックに、時に切なく、思わず泣いてしまう部分もあります。
でも、大泉洋のエッセイは、読むうちに不思議と元気になれるパワーがあり、彼の魅力に触れることができます。
北海道を拠点に活動していた大泉洋が、水曜どうでしょうというレギュラー放送に出演していた頃がしっかり描かれています。
もちろん、エッセイには、大泉洋ならではの笑いが散りばめられていて、面白可笑しくエピソードを読むことができます。
当時、北海道版のみでの連載だった幻の原稿も掘り起こされていて、大泉洋のエッセイは読み応え満点です。
そして、大泉洋のエッセイの表紙の装画には、彼自身が子供の頃からファンであった、タッチのあだち充が担当しています。
そして、ローカルタレントから全国区へと変貌を遂げた大泉洋自身の心情も吐露しています。
また、大泉洋が自ら、自分を見つめていて、ネガティブをポジティブに反転させるその思考能力の秘密を告白しています。
とにかく、大泉洋のエッセイには、自身の本音がしっかり詰め込まれているので、読み甲斐があります。
笑って泣けるエッセイ集であり、大泉洋という生身の人間が浮き彫りされていて、人気を集めています。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。