地元北海道からブレイクした大泉洋 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

地元北海道からブレイクした大泉洋

彼自身、北海道が生んだスターであることは間違いないのですが、大泉洋は、俳優なのか、お笑いタレントなのかよくわからない部分があります。
何より、大泉洋の親しみやすいおにいちゃん的な雰囲気が、地元北海道で愛されたのは言うまでもありません。
その軽快なフリートークや物まね、神がかり的なハプニングなど、大泉洋は、天性のタレント性を北海道で発揮します。
そして、大泉洋主演映画の探偵はBARにいる2ススキノ大交差点も大ヒットしていて、今や北海道の人気タレントだけではなくなりました。大泉洋は、北海道では知らない人がいない、大人気のスターで、タレント、俳優とマルチに活躍しています。
そして、北海道で在学中、大泉洋は、役者としての活動を続けながら、ローカル深夜番組に出演します。
しかし、大泉洋の人気は果たしてどこからくるのだろうかと考えた時、すぐに答えは浮かびません。
地元北海道で、大泉洋は、1996年から2002年までの6年間、ラジオのレギュラー放送を持つことになります。
地元北海道で、大泉洋は、演劇研究会のメンバーとTEAM NACSを結成し、それが芸能活動スタートの足掛かりになります。
肩書きさえはっきりしない大泉洋ですが、北海道から全国区へと駆け上がったスターであることは誰もが認めています。
深夜バスだけの旅や原付バイクで東日本を縦断するなど、大泉洋は、何でもありの企画に挑戦します。

大泉洋の芸能活動の始まりは、今から約20年前の北海道の大学時代まで遡ることになります。
そして、北海道で人気者となった大泉洋は、初のレギュラードラマで、全国進出のきかけをつかみます。
そうした活躍もあり、大泉洋は、北海道では知らない人がいないほどの人気タレントへと成長します。
とにかく、北海道のスタートなった大泉洋に人気は凄く、彼がデザインしたスープカレーなども人気を博しました。

大泉洋は、当時、北海道のCMやテレビ、雑誌に引っ張りだこの存在で、彼がデザインしたグッズなども販売されていました。
彼が手がけた作品がショップに並べられると飛ぶように売れ、まさに大泉洋は、北海道の大スターでした。
たちまちベストセラーとなった大泉洋のエッセイには、北海道時代の苦労話もたっぷりと記載されています。
また、最近では、大泉洋は、エッセイを発売していて、地元北海道だけではなく、全国的に人気になっています。
その番組は、救命病棟24時で、大泉洋は、江口洋介、松嶋菜々子などの大物俳優に混じって、看護師役を好演します。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。