大泉洋と演劇 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

大泉洋と演劇

大泉洋は、演劇ユニットのTEAM NACSのメンバーであり、北海道の深夜番組、水曜どうでしょうで一躍人気者になります。
ラジオにレギュラー出演後、大泉洋は、演劇の腕を生かし、救命病棟24時、小早川伸木の恋などの全国放送のドラマに出演します。

大泉洋は、学生時代から演劇で活躍していたこともあり、WOWOWのドラマW、プラチナタウンでも主演を務めています。
そして、大泉洋は、フジテレビの三夜連続スペシャルドラマである、わが家の歴史などにも出演しています。
そして、大泉洋は、演劇の腕を認められ、the 波乗りレストラン、赤鼻のセンセイで、見事、主演に抜擢されます。
他でも、2010年には、NHK大河ドラマの龍馬伝で、大泉洋は、近藤長次郎役を見事に演じていて、演劇の才能を発揮しています。
その後、2008年11月には、大泉洋は、サザンの名曲33曲をモチーフにした33話のショートドラマにも出演します。
また、同時に石原裕次郎賞、第35回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞していて、大泉洋の演劇の力が買われています。
3年ぶりとなった、TEAM NACSの演劇舞台公演では、大泉洋は、明智光秀役で全国18ヶ所、59の公演を務めあげています。
そして、演劇の腕を買われた大泉洋は、映画にも多数出演していて、主演映画の探偵はBARにいる、では日刊スポーツ映画大賞を受賞しています。
類稀なる演劇の才能がある大泉洋は、ドラマで2006年には、おかしなふたりと言う深夜ドラマの作品で、初主演を務めます。
また、グッモーエビアンと言う作品では、大泉洋は、麻生久美子とのW主演を果たしていて、彼の演劇の力が大きく開花しています。
2013年に入ると、大泉洋は、自身の過去8年間に渡るエッセイ連載をまとめた、僕が綴った16年を出版しています。
実際の演劇としても、大泉洋は、三谷幸喜氏原案、脚本、演出の、清須会議と言う作品で、豊臣秀吉役を演じています。

大泉洋は、CMにも多数出演していて、LIONのPRO TEC、スクラート胃腸薬などにも出演して話題になっています。
そして、大泉洋は、2012年には、しあわせのパンにも出演していて、地元北海道を舞台にした映画が大ヒットしています。
演劇の舞台では、大泉洋は、TEAM NACS結成15周年にて、大泉ワンマンショーを開催しています。
さらに、2013年には、大泉洋主演の探偵はBARにいる、の続編、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点が公開されています。
2009年から上演している演劇ユニットTEAM NACSにおいても、大泉洋は自ら、脚本、演出を手掛けています。
その他でも、大泉洋は、千と千尋の神隠し、ブレイブ・ストーリーなどで、声優としても活躍しています。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。