ハロプロの総選挙 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ハロプロの総選挙

この人気について、ハロプロのつんくは苦い表情を見せていて、日本の芸能界を向上させるにはライバルグループが必要と強調しています。
1つが独占しているときは停滞している時なので、ハロプロにも総選挙が必要ということなのでしょう。

ハロプロの総選挙についても、競い合うのは非常にいいことで、日本の芸能界は今まで仲良くしすぎたと評しています。
非常にいいところに目を付けたとつんくは見ていて、自身がプロデュースしたハロプロのモー娘は会えないアイドルでした。
しかし、ハロプロで仮に総選挙をしたとしても、同じことをすることになるので、負けるのは目に見えています。
モー娘が先頭を走っていたときも日本のアイドル界は停滞していたと、ハロプロのつんくは心境を語っています。
アイドルとしての発想を固定の劇場に持ってきたことが斬新で、ハロプロでは、その戦略を高く評価しています。
日本の音楽界の現状と展望について語ったつんくは、ハロプロでの総選挙を示唆しました。
一緒に手を繋いでゴールというようなアイドルグループが多く、ハロプロはそのことも認めています。
それを打破したのが総選挙であり、誰が一番人気であるかをしっかり明かし、これでハロプロとの差をつけた感があります。
メンバー達にとっては過酷ですが、メンバー内でも切磋琢磨無くしていくには、総選挙は必要とハロプロでも見ています。
芸能界で勝ち残るには、総選挙は必要で、ファン一人が投票権付きのCDを何百枚も買ってお気に入りのメンバーの順位を上げる方法もハロプロは絶賛しています。
まさにキャバクラのシステムと同じで、ハロプロでは、キャバクラのオネェちゃんにボトルを入れてあげるのと同じと見ています。
しかし、1つが独占しているときは停滞している時であると、ハロプロのつんくは、声高に主張します。

ハロプロに総選挙があったら、新曲CDの売れ行きが150万枚突破という破竹の勢いのAKB48を止められたかもしれません。
ハロプロのモー娘は会えないアイドルだったが、AKB48の成功は、劇場をアイドル達と会える場所にしたことにあります。
アイドルグループAKB48について語ったつんくは、戦略は評価しながらもライバルグループとしてハロプロが必要と強調したのです。
つんくは、BS11に出演し、音楽プロデューサーの立場として、ハロプロの総選挙という理論を展開したのです。
AKB48と同じシステムで展開するSKE48やNMB48ではなく、ハロプロの総選挙という大きな対抗馬がいるのです。ハロプロというのは、つんくがプロデュースするものですが、最近、総選挙をするのではと話題になっています。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。