竹内結子の映画 | 芸能人裏最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

竹内結子の映画

ご褒美としてはうれしかったのだけど、竹内結子は映画の内容を読んだら、かなり衝撃を受けたと言います。
ふたりの恋愛ストーリーを熱望していたファンにとっては見逃せない映画で、竹内結子のファンにとっても見所です。
ストーリーテリングが竹内結子の映画、ストロベリーナイトの大きな魅力で、スペシャルドラマ、連続ドラマを経て映画になりました。
主任の姫川玲子と部下の菊田和男を演じる竹内結子と西島秀俊は、映画でシリーズ最大の試練と向き合います。
3年にわたって演じ続けてきた竹内結子の役への愛情が感じられる映画で、姫川班、最後の事件に挑んでいきます。
今回の竹内結子の映画は、姫川班、最後の事件を描く一方、事件に関係するヤクザが新たに登場します。

竹内結子の映画の見どころは、姫川が女性として男性を見るところで、これはドラマにはなかった部分です。

竹内結子のストロベリーナイトの映画は、ドラマでやり切ったという部分と、先のことを考えると余裕が全くなかったと言います。
しかし、ストロベリーナイトという映画を見たい人は多く、ほとんどの人が竹内結子の魅力にハマっています。
もちろん、一般的な恋愛ではなく、映画では、竹内結子の傷に塗り重ねるような痛みが、巧みに描写されています。
映画化については、竹内結子は複雑な胸中を吐露していて、共演者の西島は、映画になれば表現の範囲が広がると語っています。
想定外だったのが竹内結子の感想で、そう言う意味では、今回の映画化決定の一報に、ある種のとまどいはありました。
映画では、竹内結子と西島との恋愛ドラマとしての側面も少なくなく、とても見応えがあります。
竹内結子ひきいる姫川班と、捜査一課全体が最大の試練に直面するのが、今回の映画の最大の特色です。
しかし、竹内結子自身、本当に映画をやるとは思っていなかったと、その本音を語っています。竹内結子の映画と言えば、ストロベリーナイトがあり、警視庁刑事部捜査一課殺人班十係、通称、姫川班が大人気です。
姫川と菊田、牧田のトライアングルで映画の物語は進み、竹内結子が、揺れ動く女の感情を上手く表現しています。
姫川の心の傷や闇にまで迫るシリアスな恋愛描写を竹内結子が映画で好演していて、非常に秀作になっています。
これまでの刑事物とは一線を画した映画で、竹内結子が一個班の結束により、難事件や組織に立ち向かっていきます。
竹内結子にとっては、まさに満を持した映画化が、ストロベリーナイトだったわけで、まさしく王道という流れでした。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

ブックマークしてね


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

つながり

ブログ内検索

人気ドラマランキング

人気ブログランキングへ

人気芸能ブログランキング

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。